アーユルヴェーダ
アーユルヴェ−ダ=AYURVEDは、サンスクリット語で「生命の真理」を意味する古代インドから伝承された生命の科学です。アーユルヴェ−ダという言葉はアーユス=AYUSヴェーダ=VEDAの2つの言葉が結びついた複合語でアーユスには「生命」「長寿」といった意味がありヴェーダには「真理」「英知」「知識」といった意味があります。 アーユルヴェ−ダの歴史は古く、5000年以上前にはすでに体系が確立され、人々の生活に根付いていたと言われています。実はこのアーユルヴェ−ダには創始者と言われている人はいないのです。病気で苦しんでいた人々の為に「神がもたらした啓示」として伝えられています。古代インドの人々は宇宙の営みの中に満たされたエネルギーを無理なく取り込んで自然とのバランスをとって生きてきました。 それは「生きる為に必要な知恵の結晶」=「アーユルヴェ−ダ」として集約され大切に受け継がれてきました。食事や生活習慣、精神の健康や魂の質、いろんな角度からのアプローチ方法をもつアーユルヴェ−ダはまさに生命の科学と言えるでしょう。
五大元素
アーユルヴェ−ダでは、全てのものが五大元素「空」「風」「火」「水」「土」からなると考えられています。この元素はどこにでもあり、あらゆるものの中に数えきれないくらい様々な割合で常に存在します。 この5つの元素は宇宙を構成し、小宇宙と位置付けられる人間も構成しています。 様々な割合と属性によって、多種多様な生命体を作り出します。五大元素は活動の構成要素であり常に変化し影響し合っていくのです。
トリ・ドーシャ
トリ・ドーシャのトリは「3」を意味しドーシャは「エネルギー」(本来は不純・腐敗させるものという意味がある)を意味しています。 五大元素の「空」と「風」はヴァータ(風の性質) ・ 「火」と「水」はピッタ(火の性質) ・ 「水」と「土」はカファ(水の性質)を構成しています。人間の先天的な体質や性質はこのヴァータ・ピッタ・カファのバランスのより様々な特徴が見られます。各ドーシャの特徴を見てみましょう。
ヴァータ体質
身長が低いか、背丈があっても痩せており、鷲鼻で目が小さい傾向にあります。皮膚は冷たく乾燥気味で、髪もパサついています。歯並びが悪く、歯の大きさも不揃いになりがちです。 ヴァータがバランスを保っている時は、動きが敏速で傷が治りが早いなどの利点がありますが、バランスが崩れると便秘をしやすく、手足が乾燥して冷たくなったりします。 また、腰痛や頭痛がおきたり、不眠にも陥りやすくなります。心の面でバランスが取れている時は、快活で順応性が高く理解力に富んでいますがバランスを崩すと衝動的になり、心配症や忘れっぽさが現われます。
ピッタ体質
中肉中背でスタイルがよく目つきの鋭さが目立ちます。皮膚は温かくて柔らかく髪の毛もなめらかです。寒さに強い半面、暑さに弱く汗をかきやすい傾向にあります。 ピッタのバランスが取れている時は快食快便で健康な肌をしていますがアンバランスになると異常に汗をかき皮膚に湿疹や蕁麻疹などが出やすくなります。口臭や体臭が強く現れ脱毛や白髪が目立ってきます。精神的な面では情熱的なうえに知的で機転が利き集中力もあるためリーダーに向いた性格といえます。ピッタのバランスが崩れると、短気で怒りっぽくなり敵を作って衝突を起こしやすい傾向がみられます
カファ体質
カファ体質の人は体格がよく、肉体労働や運動に適しています。目が大きく歯並びが整っており、皮膚は色が白くしっとりしています。髪の毛も黒く艶やかな輝きがあります。 カファのバランスが良い時は体力や持久力に優れ、どこでもぐっすり眠れるという長所がありますがいったんバランスが崩れると体のだるさや眠気に悩まされます。たんや鼻水が多くアレルギー性の鼻炎、鼻づまりになりやすい傾向もあります。心の特徴としては献身的で慈愛に満ち、落ち着いて辛抱強く物事にあたります。ところが1度バランスが崩れてしまうと物事に執着する半面、思考が鈍って行動が大雑把になり無気力に陥る事もあります。


では、皆さんがどのドーシャが優勢か
次のドーシャバランステストをチェックしてみてください。
アーユルヴェーダとハーブ

アーユルヴェ−ダの古典書「チャラカサンヒター」には次のような言葉があります。「世の中どんな物質でも、それぞれの道理と目的を知っておけば薬にならない物はない」と書かれています。その代表的なものがハーブです。自然に自生する植物は様々な恩恵を私たちに与えてくれています。厳しい自然環境の中で植物たちが自分の身や生命を守る為に兼ね備えた抗酸化力・殺菌力・紫外線防止効果・抗炎症作用・消臭効果・殺虫効果など人間が作り出す物よりもはるかに優れた働きを提供してくれる植物もたくさん存在します。

アーユルヴェ−ダの概念で植物に対しもう1つ大切な事は植物に宿っているプラーナ=生命エネルギーからも恩恵を受けられるということ。プラーナを生かしたままの加工方法はアーユルヴェ−ダのレシピとして継承されています。ソウルツリーオーガニックから生み出され製品はこのプラーナに着目しています。使用するハーブのほとんどはウッタラカンド州のヒマラヤの麓、標高1,500m〜2,000mに位置する小さな農園で育てられているもの、またはオーガニック農園に茂る樹木からそのハーブはすべて手摘みで採取され、摘み取られたハーブはヒマラヤから湧き出る水で洗浄し、天日で自然乾燥させています。

このように丁寧に扱われたハーブからアーユルヴェ−ダの伝統的な手法を用いてハーブエキスを自社工場で抽出しています。水からゆっくりと煮出したり、一昼夜、水に浸しながら長時間かけて成分を抽出したりする手法です。こうして丁寧に製品を製造する事でハーブの成分とプラーナを共に製品に活かす事ができるのです。

製品に配合されているアーユルヴェーダの代表的なハーブ
トリファラ
トリ(3つ)ファラー(果実)で3つの果実を意味します。 トリファラーとはアムラ(アンマクロウ果実)、ビビタキ(セイタカミロバラン)、ハリタキ(ミロバラン)の3つの果実を合わせたアーユルヴェーダを代表するハーブです。ソウルツリーオーガニックトリファラーシャンプーに配合されています。
ニームエキス
優れた抗菌・消臭効果、消炎作用を持っています。 シャワージェルやシャンプーに配合されています。
ベチバー
優れた抗菌・消臭効果を持っています。体の熱を調整します。 シャワージェルに配合されています。
ヘンナ葉エキス
髪の毛にコシを与え頭皮のフケやかゆみを予防します。 シャンプーに配合されています。
シカカイエキス
サポニンという天然の洗浄成分を豊富に含んでいます。 髪にツヤを与えてくれます。 シャンプーに配合されています。
カンゾウ根エキス
グリチルリチンを豊富に含有し刺激緩和・消炎作用があります。 シャンプーに配合されています。
トゥルシー
優れた数々の作用はインドのみならず世界各国で知られている。 アーユルヴェ−ダの古典チャラカサンヒターでもその効果は言及されている。消炎作用や抗菌作用・血行促進作用があります。 シャワージェルに配合されています。
アロエベラエキス
天然の保湿成分。その高い保湿効果は有名。 鎮静作用・保湿作用・治癒作用があります。 ヘアコンディショナー・シャワージェル・シャンプーに配合されています。


ページトップ特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | 会社案内 | お問い合わせ
掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。